2005年08月23日

バラに逢いたくて その2


バラさん、こんにちは! 妖精さんはいませんか~?


9575a2fa.jpg


バラのお花って、どうしてこんなに綺麗なの?

いい香りは、どこからやってくるの?


2982a1ce.jpg


・・・・・と思わずメルヘン詩人になってしまいそうな写真が撮れました。笑い


f5f51193.jpg


                 『ピース』  1945年 フランス作出

        第2次大戦後、平和への希望をこめて「ピース」と名づけられました。



花子供の頃、自宅の庭にピースが1本植えられていました。

同じ1本の樹なのに、咲くと花の色はそれぞれ違っていて、とても不思議で

その色の変化に見入っていました。

続きを読む

2005年08月18日

バラに逢いたくて


花10数年前、たくさんのバラを育てていました。

はじめは5鉢だったのが、数年後には30鉢以上になり

NHKの趣味の園芸や、他の園芸雑誌などの読者コーナーに掲載され

近所でも『花の館』といわれていました。花家花

今は、バラは1鉢もなくなってしまい、かつての庭は夢のようです。悲しい


花今年、春にまたバラたちに逢いたくなって、名古屋の鶴舞公園のバラ園へ

ブライスをつれて行ってきました。


22f5c266.jpg


花このバラは、育てていた中で お気に入りの『マチルダ』です。

1987年 フランスで作られました。

クリーム色にピンクの縁取りが入ります。

丸弁平咲きといって、花びらのかたちは丸く、はじめは普通のバラのように咲きますが

開くと花びらの巻きが全部ほどけたように咲きます。

ひらひらとフリルのようで、とても可愛い。ハート


18b3fd88.jpg


花一番好きなバラは、『ブルームーン』  1964年 ドイツ作出。

続きを読む

2005年08月08日

まなうさちゃん 

     
     はじめて、このうさちゃんウサギを見たとき、

     あまりのおこりんぼフェイス怒りにおかしいやら、可愛いやら、

     ともかく一目で、このうさちゃんの虜になってしまいました。ハート矢ハート矢

c3ba0e85.jpg


     まなさん作  『うさぎのきぐるみ』

     これが正式名称だったけれど、おこり顔がすっかり気に入って

     「まなうさちゃん」とか「おこりんぼうさぎ」と勝手に呼んでいます。ウサギ


横濱浪漫館より、お迎え

    続きを読む

2005年07月27日

愛・地球博 (ブルガリア館)

地元愛知で、万博が開催されています。祝祝日

はじめは混んでいるし、先端技術も興味ないし、海外パビリオンくらいみるつもりで

一度行ってみたところ、これがめちゃめちゃ楽しい~~~。クラッカー笑い笑い音量

行ったこともない国飛行機、これからも多分行くこともない国。船

名前すら聞いたこともない国。星

そんな国々の人や文化に、ここ愛知でふれあうことができる。ラブ

会期も残り約2ヶ月というところで、全期間入場できるパスポートを購入しました。困った

お人形話のあいまに、いくつかのパビリオンを紹介しますね。


6274244e.jpg


ここは、一番のお気に入りハート矢 ブルガリア館。花 ちょうどテレビの中継中でした。

バラの外観がひときわ美しく、素敵ですハート

e4aa4dc6.jpg


ミニステージでは、男女カップルのダンスが行われています。音符

ステージのバックは、ブルガリアのバラ生産地、バラの谷。花
続きを読む

2005年07月22日

箱入り着せ替えセット その2

シャンゼリゼフェスティバルは、名古屋のセントラルパークで2000年まで

10月初旬の金、土、日曜日に行われていました。

金曜日の夜は、前夜祭で夕方からアンティーク蚤の市があり

20店ほどアンティークショップが出店し、カフェがあったり

シャンソンのステージがあったり、きっとロマンチックな夜だったことでしょう。


2c7c1b67.jpg


残念ながら私は、前夜祭には一度も行っていません。

この頃は、まだ子供も小さくて夜にでかけることが考えられなかったのと

もうひとつ最大の理由は、夕闇に包まれランプの灯りでアンティークドールをみたら

どの子も素敵で、大変なことになってしまう!

見るのは翌日、昼間の自然光の元で!!!と決めていました。

続きを読む