2016年10月11日

フランス展 2016(JR名古屋タカシマヤ)


ジェイアール名古屋タカシマヤ フランス展  2016

La vie est belle! ~人生は素晴らしい~ 
フランス柄 ハート デコメ絵文字

(会期 9月14日~20日終了)


jpg@@


今年のフランス展のテーマは、アルザス・ロレーヌ地方!

可愛いアルザスの民族衣装
黒いリボン デコメ絵文字を着た

グレテルちゃんと 
一緒に 旅気分~。(o^∇^o)ノ

ナターシャさんのドールネックレス、姉妹になりました。

(人形部分 陶器製 6㎝)



P1000052

P1000048


お楽しみは、フランスの蚤の市巡りをしているような

可愛いものや 自分だけのお宝探し~!


やっぱり、お人形・ぬいぐるみ・玩具などにときめきます。
カラフル☆れいんぼーデコメ絵文字


P1000181


フランス展に出展された 友くんのブースで

ブログ(友くんのパリ蚤の市散歩)で紹介されていた

お人形をゲット~。


1940年代くらいのクロスドールで

顔は紙を立体的にプレスしたマスクを使用。

大きさ 約33㎝(ボネ含まず)


P1000220


お顔に小傷があるものの、青い目が とても綺麗。
キラキラ(水色)デコメ絵文字

この時代のフランス製は 吃驚するくらい適当だけど

それでも どこか 魅力的なのは、かつて

美しいビスクドールたちが生まれた国の名残でしょうか。


片方なくしちゃった 青い靴
をつくってあげよう~。ガラスの靴 デコメ絵文字


P1000211


同じく 友くんのブースで、お人形マスクも

ひとり連れ帰りました。

青い服の子をモデルに、作ってみようかな。

このまま眺めていても 面白いかも~


P1000196


2015年のフランス展は行けなかったけれど、

その年の初冬に代官山の pupi et mimi(プピエミミ)さんで

開催された 友くんの“
パリ蚤の市展”から 通販で

セルロイド人形が来てくれました。
プレゼント デコメ絵文字


P1000195


1950年代 プチコラン社製  人形本体は 約34㎝

コワフ
三角帽子 デコメ絵文字(フランスのノルマンディー、ブルターニュ、アルザス、

プロヴァンスなどの伝統的な女性用 被りもの)を

含めると 47㎝あります。

どこの民族衣装かな? ノルマンディー?

とても 綺麗な状態のお嬢さんです。


P1000210


今回のフランス展で、
東京・西荻窪の

Boite(ぼわっと)
さんから、
おちゃめな ウサギも捕獲。

ピンクのお耳が可愛いね。うさぎ デコメ絵文字 

耳の先まで 約26㎝の大きめで 存在感ありあり~。 
 

P1000208


実は フランス展、3回も行ってしまいました~。(≡ω≡.)

(あとの2回は、数十分の滞在)

トンドンシエルさんで見た ミント色の椅子
椅子 デコメ絵文字

青い目のお人形を座らせたら 可愛いと思い・・・

(アンティークの人形用イスに弱い)


P1000148


それから、ベビーピンクの食器に目がとまり・・・
ドキドキ大

(ピンク
に弱い

これ、前に来た時には並んでいなかったんですって。

やっぱり、出会いは 一期一会!



果物
 さくらんぼ デコメ絵文字いちごぶどう デコメ絵文字や サラダの水切りができて、

そのまま食卓にだせる おしゃれな優れもの~。

我が家の3人家族に ちょうど良いサイズです。


P1000110


ミラベルタルトも 興味深々~。
キラキラ(黄色) デコメ絵文字

ミラベルとは、黄色いプラム(西洋スモモ)で

ロレーヌ地方が名産地。


食べてみたら、とっても美味しかった~。


P1000236


ラ・サブレジエンヌの猫の缶をお土産に。黒猫デコメ絵文字

さすが、サブレ発祥の地 ロワール地方のサブレ!

格別に美味しいです。


デパート催事のフランス旅行、満喫しました。
フランス デコメ絵文字 フランス デコメ絵文字

来年も、楽しみ~! ヾ(=^▽^=)ノ


◆前回の記事は、フランス展 2014(JRタカシマヤ)をみてね。






yume_dolly at 09:18|PermalinkComments(4) アンティーク&コレクタブル | イベント・お人形めぐり

2016年09月22日

猫ずきんちゃん&猫ぐっず


P1000068


ねこの森
から 可愛い子が 訪ねて来てくれました。

真赤な 猫耳マント
赤ずきん デコメ絵文字に、赤いブーツクリスマスブーツ デコメ絵文字を履いた

「猫ずきんちゃん」。

(大きさ 台座から耳の先まで 約10.6㎝)


P1000072


猫の森で 不思議な子に出逢ったの。
ふんわりウサギ デコメ絵文字

ピンクの植木鉢の中に隠れていた うさぎちゃん、

長い お耳が みえてるよ。


P1000084


亞鳥舎さん作 陶器のおにんぎょう

「猫ずきんちゃん」と「うさポット」 

2体とも 振ると、カラコロ 優しい音がなります。おんぷ デコメ絵文字


押上 AMULET 「くりくり展♯12」

「人形と動物たち」
(2016.9.13~19終了)

通販から、
可愛い子が増えて嬉しい~。


ゆめゆめ人形館にいる 亞鳥舎さんの

おにんぎょうたちは、下の記事をみてね。

亞鳥舎さん作品展 「音符の小径」 2015年9月

ひなあそび&めぐみさん 2016年3月



P1000121


猫ずきんちゃんが来てくれた お祝いに、猫グッズ特集~。

8月の名古屋骨董祭で見つけた 女児用 赤いお着物。

白猫柄が、めちゃくちゃ可愛い。着物 デコメ絵文字


P1000118


水玉のリボン
リボン デコメ絵文字を 首に付けてる 猫ちゃん、

しっぽに付けてる 猫ちゃんは、ゴキゲン顔で

毬を転がして遊んでいます。

リボンがないコは、ちょっと不機嫌そう。
白猫 デコメ絵文字


P1000130


可愛い ミルクガラスのマグカップも お持ち帰り~。
らぶらぶ(猫)デコメ絵文字

本の上に乗った 子猫ちゃんのオメメは、

グリーンに彩色してあります。


底に、Glasbake のマーク有り。

アメリカ製
アメリカのヴィンテージで、レアものらしいです。


P1000127


それから、とっても 嬉しい出逢いが~!
いちご キラキラ デコメ絵文字

小学生の頃に持っていた サンリオの猫の貯金箱。。。

いつか どこかで ひょっこり逢えないかなと夢見てたら、

アンティークモール吹上
で 色違いの猫ちゃんを発見!
ラブラブ デコメ絵文字


P1000128


私の持ってたのは、茶色(レッドタビー)だったけど

グレイ猫
バージョン猫 デコメ絵文字もあったのね。

でも、モールの尻尾は 茶色猫と同じ~。
しっぽ デコメ絵文字


サンリオのシールも、底の蓋もあって 完璧!

ピカピカのデッドストックで 500円は、嬉しすぎ。
嬉しい デコメ絵文字


P1000143


撮影してると、いつものように 
愛猫 ゆづ(2歳)が

「これ、にゃあに~?」 と 興味深々。
ハート猫 デコメ絵文字


P1000142


私が持ってた 茶色猫の貯金箱は、

この猫ポットの色です。

いつか、茶猫ちゃんも 並べられますように。猫 デコメ絵文字


4e48794d.jpg


他にも 可愛い陶器コレクションきらきらデコメ絵文字 があるので

下をクリックしてみてね!

夢みる陶器**MADE IN JAPAN**





yume_dolly at 01:05|PermalinkComments(4) 創作人形 | アンティーク&コレクタブル

2016年09月08日

「婦人グラフ」 三月号 第二巻三号


「夢二忌 ゆめじき」

9月1日 大正浪漫を代表する 画家・詩人 竹久夢二の忌日。

(昭和9年 49歳 病没)

「夢二忌」は、俳句の初秋の季語とされています。
すすき デコメ絵文字


P1020707


夢二の美人画と兎
ウサギの表紙に魅かれて 骨董祭で購入した

婦人グラフ 3月号 第2巻3号。

大正14年3月1日発行  国際情報社出版

B4版変形 約326×245㎜


薄茶の表紙に 可愛い兎で 
十五夜満月とうさぎ デコメ絵文字を想像し

秋の号かと思いきや 
3月号。。。

季節外れだけど、抜粋して紹介しますね。(^▽^)ノ


P1020722


雛祭 (令嬢向流行衣装) 衣装は松坂屋の特製である。

帯の結び方は、大きい方は「あげ羽」結び

小さい方は「ひなぎく」結び。
ちょうちょ デコメ絵文字梅の花 デコメ絵文字


P1020716


紙細工の踊り衣装 クレープ・ペーパー・カストム

向かって右はローズカストム
左はバタフライカストム

紙細工とは思はれぬ程美しく巧妙です。
蝶 デコメ絵文字赤いバラ デコメ絵文字


P1020718


マダム・ヴエラ・トリフイロワの踊りです。

婦人が最も得意とするのは「マダム・バタフライ」
アゲハ デコメ絵文字

(略)「黒スワン」と「日本に咲く春の花」だと申します。

巴里でも非常な人気を博したものです。


P1020748


西洋人形のやうな 可愛らしい徳川喜和子さま

徳川厚男の令嬢喜和子さまです。

御年は十六で学習院の中期二年生(略)

手芸的方面にお趣味を持たれて、ミシン等も御上手です。


十二三才の頃から、お人形の着物
着物 デコメ絵文字や、猫黒猫デコメ絵文字のきもの等を

お縫ひになつたりなさいました。


P1020730


新邸の竹久夢二画伯婦人 お葉さま 
三つ葉 デコメ絵文字

十八のときから夢二氏の手に育まれ、潔癖なうちにも

夫君の仕事や気分に温かい同情を持つ。


P1020738


春向きの手提作り方


此の手提
バッグ デコメ絵文字は至つて手軽にどなたでもおできになつて、

ちょっと面白い形であります。布地はなるべく綿紗のやうな

やはらかなものが宜しいと思ひます。


P1020743


可愛らしい少女髪型

写真上は(略)十四五才位の可愛らしいお髪で(略)

まだあげて結つてはませすぎるといつたお年頃の方に

ふさわしう御座います。
リボン デコメ絵文字


P1020720


婦人グラフ
は、大正13年(1924)~昭和3年(1928)まで

55冊が刊行されました。

裕福層の女性向けに 国内外のファッションやニュース、

手芸、料理、インテリア、華族や良家の婦人・令嬢を掲載したり

今みても 興味深く ときめきます。
読書 デコメ絵文字


P1020709


表紙や挿絵を当時の人気作家たちが手掛けたのも

女性誌として支持された大きな要因で、

夢二の表紙は 木版と オフセット三色版が

それぞれ9冊づつあり、この3月号
は、三色版です。


P1020711


夢二が生きていた時代の雑誌を手にして、

もっと 夢二の作品や

婦人グラフの他の号も観たくなりました。(*'-'*)


007

005


2012年 弥生美術館で開催された 『田村セツコ展』

(その時の記事は上をクリック)に行った時に購入した

手の中にすっぽり収まる

小さな手まわし オルゴール。
オルゴール デコメ絵文字(画像・再掲)

曲は、夢二の詩 「宵待草」です。
花 デコメ絵文字


♪ 待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ

今宵は月も出ぬさうな






yume_dolly at 15:30|PermalinkComments(2) 本・絵・イラスト・少女漫画 

2016年08月30日

「月雪叶」☆彡すピ子ちゃんコレクション


P1020679


8月5日(金) 西荻窪のギャラリー カドッコさんで

開催された 甘木歯四さん・さちこさん・すピ子さんによる

三人展 「月雪叶」 へ行ってきました。
月 デコメ絵文字雪 デコメ絵文字叶いますように デコメ絵文字

◆会期 2016年8月5日(金)~8月10日(木)終了

(そのあと、国立新美術館の「ルノワール展」へ


P1020517


TSUKI YUKI KANAU・・・
はてな デコメ絵文字 の呪文のような タイトルは、

シノダ製のサクラビスクのヘッドマークから。

大きい順に、月・雪・叶と後頭部(首元)に

刻まれているシリーズがあります。(ないものも有り)


P1020512


すピ子さん所蔵の月雪叶のサクラビスクと 一緒に

お人形用ベッド
ベビーベッド デコメ絵文字に飾られていた

手描き(原画)クッションを お迎え。(会期中は展示)

ふっくら大きくて 可愛い~~
 ハートデコメ絵文字

 
P1020524


大正時代・昭和初期の世界を愛する 3人の作品と、

すピ子さんと さちこさん所有の昔の文化人形や

セルロイドのおもちゃなども 展示されていました。


P1020535

P1020511

P1020530



P1020564


すピ子さんのお楽しみ袋(2000円の)と

紙製玩具、ハート缶バッチも購入。

この猫のぬいぐるみ
買い逃してたので すごく嬉しい~。猫 デコメ絵文字


P1020569


お楽しみ袋には、猫さんの他に 小さな缶バッチ・

ポストカード・キューピーさん
の原画も入っていました。キューピー デコメ絵文字

(ハートのバッチは別売り)


P1020572


「美々子の部屋」 立版古  並べて遊んでみました。

お化粧台、お人形、セーラー服
・・・ブラシ デコメ絵文字化粧品 デコメ絵文字セーラー服 デコメ絵文字

楽しいなあ~。(*^_^*)

3人展までに通販から ゆめゆめ人形館に加わった

すピ子ちゃんコレクションも 紹介しますね。



P1020375


乙女屋さん の7月のイベント 「初夏の和骨董」より

文化人形・兎・リボンのパッチン留めをゲット。
ピンクのうさぎ(笑ってまばたき) デコメ絵文字


P1020382


綿の入ったリボン
リボン   9 デコメ絵文字に、夢見るような お顔!

「ゆりかごの唄」の歌詞が書かれてる~~。
鳥 デコメ絵文字

(髪留めには無謀な お年頃ゆえ、眺めて悦びます。)


P1020377


ピンクの大きい兎も やって来た~。
うさぎ デコメ絵文字

雪うさぎ・櫻うさぎ
のお母さんみたいね。


P1020687


◎ピ印玩具店◎から、不思議可愛い 「はにかみ子」。

ぽってり大きめ 30㎝

バレリーナみたいな ピンクのフリフリスカートと

名前の通りの表情が、なんとも 乙女~。
ラメ デコメ絵文字


P1020682


ピンクのウサ人形&くまっこブローチ(製造no.5)。

全身ピンクのうさちゃん、への字のお口 (▼ヘ▼;)が

拗ねてるようで いじらしい~
喜ぶ デコメ絵文字


P1020701


  すピ子ちゃんコレクション 大集合 

3年くらい、企画展や通販で ときめいて お迎えした

人形系をまとめてみたら、個展状態~~~


懐かしくて、ヘンテコ(褒め言葉)な すピ子ちゃんワールド


面白くて 可愛くて 大好き!(⌒∇⌒)




yume_dolly at 09:25|PermalinkComments(2) 布人形 | イベント・お人形めぐり

2016年08月17日

2つのルノワール展(名古屋&東京)


揺らめく木漏れ日、薔薇いろの肌・・・

人々の幸福感を描いた

ピエール=オーギュスト・
ルノワール(1841‐1919)。


P1020577


今年は、特別な ルノワール・イヤー!


1883年に描かれた 「ダンス3部作」が

アメリカ
とフランスから 来日。

同時期に 日本(名古屋・東京)で観賞できます。


まずは、名古屋ボストン美術館での

「ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影」で

公開中の
米国・ボストン美術館所蔵

《プージヴァルのダンス》 に逢いに行きました。

◆会期 2016年3月19日(土)~8月21日(日)


im_renoir-201603_37


タイアップ企画 ボストンカフェ 入館券付き

ケーキセットを購入。


(2000円→1700円 コーヒーor紅茶付き 数量限定)


ルノワールの時代に作られたレシピをアレンジした

「ピスタチオとほうれん草のケーキ」

味わってから 会場入り~。


(ケーキの画像は公式サイトからお借りしました。)


P1020500


展覧会入口前に、プージヴァルのダンスの衣装が

再現されていました。

(名古屋のファッション系専門学校の学生さんが製作)


P1020599


高さ 約182㎝のカンヴァスに描かれた

《プージヴァルのダンス》、素晴らしかった~!


いつまでも 眺めていたい 作品でした。(*´∇`*)

(上の画像は、名古屋ボストン美術館で購入のファイル)


P1020546


そして、東京の国立新美術館で開催されている

オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵

「ルノワール展」 へ出かけました。

◆会期 2016年4月27日(水)~8月22日(月)


P1020552


国立新美術館は、2007年 六本木(乃木坂駅直結)に開館。

黒川紀章さん設計の波打つガラスの壁が印象的な

近代的だけど、とても エレガントな 美術館。


P1020556


入口は、SFチックな 雰囲気。

はじめて来た 壮大な美術館に ワクワク~~。(*゚▽゚*)


P1020557


1F エントランスカフェに集う人々。

ガラス越しの光を浴びて、おしゃべりに花が咲きます。



P1020547


それは、まるで ルノワールが描いた

《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》の現代版。

(ダンスはしていないけどね)


「ルノワール展」入口の矢印の先には、

フランスのオルセー美術館とオランジュリー美術館所蔵の

100点を超える ルノワールの作品が!\(^o^)/


P1020581


有名で知ってる絵が あれもこれもあり、感激~。

どれも 想像以上に大きく 大迫力!

晩年、車椅子で絵筆を握る ルノワールの実映像や

ルノワールの言葉も 感慨深いです。


P1020603


特に楽しみだったのは、《ピアノを弾く少女たち》。

この表紙のピアノの楽譜を学生時代に見つけ、

ブロンドの長い髪や 燭台付きピアノに憧れました。

記念に、ファイルや ジグゾーパズルを購入。


P1020589


ダンス3部作が揃った グッズもありました。

「名画トレシー」 クリーニングクロスです。

左の《都会のダンス》と、隣の《田舎のダンス》は

東京で展示中。

両サイドの女性モデルは、シュザンヌ・ヴァラドン。

中央が、ルノワールの妻となる アリーヌ・シャリゴ。


こんなふうに、3部作が並んで観られる日が

来るといいなあ~~。


P1020562


東京へ出かけた日(8月5日・金)は、20時まで 開館しており

閉館まで ゆっくり過ごしました。

夜の国立新美術館、光り輝いて 美しい~~☆彡


大満足な「ルノワール展」、素敵な お出かけとなりました。



 ◆プーシキン美術館展 「ジャンヌ・サマリーの肖像」

(2013年 過去記事)は、上をクリックしてね。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

P1020543


「ルノワール展」の前に、西荻窪へ行ったので

原宿で乗り換えました。

原宿駅で降りたのは、はじめてです。

高原にありそうな可愛い駅ですね。('▽'*)♪


P1020544


東京オリンピックまでに建て替えが決まった
駅舎は、

大正13年(1924)に建てられた 洋風の木造2階建てで、

都内 最古の木造駅舎なのだとか。


P1020538


ホームの向こう側に 百合が咲いていました。

この景色も見られなくなるのかなあ・・・

みんなに愛される 新駅舎になるといいですね。(^^♪





yume_dolly at 10:46|PermalinkComments(2) 本・絵・イラスト・少女漫画