2009年03月19日

『喫茶 ソワレ』


乙女の憧れ キラキラ『喫茶ソワレ』キラキラ

蒼い光に包まれて

自分だけの夜会が はじまる。流れ星


e8604822.jpg


店内は、昼間でも 月夜のような世界。月

あるいは、深い海の中。熱帯魚

BGMもなく、静寂の空間が 心地良い。


3e0abb2e.jpg


なぜ 青いのか、それは

ブルーは、女性を美しく見せる色だから ・・・ドキドキ小


52f2c29e.jpg


京都・四条にある 小さなカフェ。コーヒー

昭和23年開業の歴史ある喫茶店です。

写真は、2階席。

桜の季節は、窓から お花見ができます。


085


京都市下京区西木屋町通四条上ル真町95

075-221-0351

13:00~19:30(L.O 1F 18:00  2F 18:45)

月曜定休(祝日の場合は、翌日)

★2017年7月現在(営業時間が変更しているので直しました。)


e4056566.jpg


ソワレでオーダーしたのは、乙女のお約束リボン

 ゼリー・ポンチ!

小さな泡が はじけるサイダーの中に、

5色の夢色ゼリーが、入っています。虹


092


お店で、ソワレのグラスを買いました。グラス

東郷青児のイラスト入りで、とても可愛い。

自宅で、ソワレ気分を楽しみます。


928c1445.jpg


しっかりした箱に入っていて、ミントグリーンの包装紙にも

青児のイラストが入っています。ハート

乙女心のある人へプレゼントしたら、喜んでもらえそう。プレゼント


57537f29.jpg


青児の本、カップ&ソーサー、名古屋のエレベーターなど 

下の『続きを読む』を ご覧下さいね。バラ


注意 店内での撮影は、他のお客様にご迷惑がかからないようなら

オッケーとの許可をいただきました。




ショップカードも 素敵です。 

いろいろあって、集めたくなりますね。ハート


42daa384.jpg


ソワレの看板などに、青児の絵が使われている理由は

ソワレの先代が、青児の絵のコレクターで

画伯本人と親しい交流があったからだそうです。

店内に飾ってある東郷青児の絵は、すべて本物です。電球


ab0d2d51.jpg


2009年1月に発行された本。本

『東郷青児』 蒼の詩 永遠の乙女たち

野崎泉 編書 河出書房新社


この本にも喫茶ソワレが、6ページにわたり紹介されています。

東郷青児の絵は、子供の頃から惹かれていたので

ソワレも、京都のお気に入りの場所となりました。ラブ


8caac98c.jpg


物が物を呼ぶ・・・と感じることが、よくあります。

強い想いが、縁を引き寄せるのでしょうか。ラブラブ


喫茶ソワレで、素敵時間を過ごしてから ミンクスタイルさん

東郷青児のイラスト入り カップ&ソーサーに出会いました。

淡い色合いの女性が、カップとソーサーに プリントされています。

昭和の浪漫を感じる お品です。


4033f9f7.jpg


東郷青児は、化粧品のパッケージ口紅や 洋菓子の包み紙ショートケーキ

雑貨などの仕事も 多くしていました。


名古屋・栄にあるデパート 丸栄(マルエイ)

エレベーター扉も青児の絵です。


14776a4e.jpg


青児という名前は知らなくても、

小さい時に 母親と来たデパートで、

素敵だなあ~ドキドキ大と思って見ていました。

私の青児好きのルーツは、きっと これだと思います。日の出



東京の損保ジャパン 東郷青児美術館も、行きたいな。

(前に1度行ったけど、臨時休館日だったぁぁ~~困った




at 23:40│Comments(12) 京都・奈良 

この記事へのコメント

1. Posted by chobin-mama   2009年03月19日 18:37
レトロな感じで、素敵ですね。
このポンチ、どこかで見たことあります。
TVだったのか、どなたかのブログだったのか?
とっても味わい深くていいな?って思ったのです。
グラスの雰囲気もいいですしね。
・・・へぇ。そうなんですか。
青って、女性を美しく見せるんですか。入ってみたい感じ^^
2. Posted by ちび   2009年03月19日 19:16
わ~この青の雰囲気素敵だね~
ブルーが女性を美しく見せるっていうのは知らなかったなぁ。
ショップカードも素敵だね
今度京都行く時は私も寄ってきますね~(って沢山ありすぎて困っちゃうわ)
丸栄のエレベーターも全く知らなかったよ
やっぱりHirokoさんはアンテナがたくさんあってそれが素敵な物達を巡り合わせるのよね。
私もアンテナはってなきゃね

3. Posted by hiroko   2009年03月20日 10:08
chobin-mamaさん
ソワレと言えば、このゼリーポンチ!というくらい有名だから
どこかで見られたのでしょうね。
とっても夢がありますね。
薄暗いブルーの照明に照らされると
東郷青児の描く女性になった気分~
お店、とっても素敵でしたよ~。

4. Posted by hiroko   2009年03月20日 10:31
ちびちゃん
ソワレは、先代の美学を集結したような場所。
他に、こんな素敵な喫茶店は、ないんじゃないかな?
ショップカードも通常のと、月がわりのがあって(3月のは、左上)
毎月行きたくなっちゃうよ。
ちびちゃんも、今度ブルーの世界に浸ってきてね。
アンテナは、いっぱいあり過ぎで本人、困ってるんだけどさ~。

5. Posted by ぴょこん   2009年03月20日 20:07
東郷青児って青のイメージよね。
ソワレの椅子、合皮が昭和のイメージ
私も深海のようなこの場所に、ゆったりと座って、ゼリーポンチを楽しみたいな。

6. Posted by hiroko   2009年03月20日 22:44
ぴょこんちゃん
東郷青児の絵をピンクにしたら、マリー・ローランサンぽくない?
ソワレは、昭和レトロというより昭和ロマンだね。
ぴょこんちゃんも京都に行く時は、
乙女のゼリーポンチ ぜひ食べてね。

7. Posted by monamie   2009年03月22日 14:04
hirokoさん、こんにちは♪
行ってきました♪ソワレ♪
でも、先にここにお邪魔してから出かければ、もっとソワソワして座ってきたかもしれません。
乙女のゼリーポンチも美味しかったです。
とってもキュートな色合いを
今度は窓際の席で見てみたいです♪
ゼリーポンチでの楽しいお話、
今度あの方に聞いてみてね♪
可笑しくって泣き泣き笑ってきました♪
素敵なお店を紹介してくださってありがとうございます。
岡崎神社もみすや針も行ってきたんです~
私もボチボチとアップしますね♪

8. Posted by hiroko   2009年03月22日 21:41
monamieさん
京都、楽しかったようですね!
ソワレも無事に見つかって、ほっとしました。
見つからないと舞妓さん言葉の方から
連絡が来た時は、飛んで行って、
こっち!と誘導したかったです。
ゼリーポンチも皆さんで、おいしく召しあがったようですね。
>可笑しくって泣き泣き笑って
って、どんなことがあったんでしょう?
事情がわからないのに、聞いただけで面白そうです。
岡崎神社、みすや針!
まさしく、ゆめゆめ人形館おススメ 乙女ツアーになりましたね。
後ほど、京都旅の様子を伺いに行きますね。

9. Posted by 葉っぱ   2009年03月22日 22:47
hiroko様 はじめまして
以前からこちらにはよくお邪魔していましたが
初めてコメントさせていただきます
今回 舞妓言葉の方と 泣き泣き笑った方と 
京都をご一緒させていただきました
ソワレは 昔いつも徘徊していた圏内にあるのに
今の今まで全然知りませんでした
ソワレの雰囲気 すごく良かったです
ゼリーポンチは 目でも舌でも
又 舞妓言葉の方のなさった事でも
とっても楽しませていただきました
実は私は
舞妓言葉の方がパクンと口にされる
あの瞬間を見てしまった目撃者です!
私も東郷青児さんの絵 大好きです
hiroko様のコレクションの数々も
すごくツボで 憧れです。
これからも素敵なものを
一杯ご紹介下さいね。
楽しみにしております。
10. Posted by hiroko   2009年03月23日 00:58
葉っぱさん
初カキコ、ありがとうございます。
私もお名前は、存じています。
3人で楽しい京都の旅になりましたね。
ソワレ、気に入ってくださって嬉しいです。
あんなに賑やかな場所なのに、少し奥に入っただけで
別世界があって、驚きますね!
ゼリーポンチも、全員で食べられたのですね。
え? あの舞妓さん、何かおかしなこと
やらかしたんですね。。。
見た目、乙女なのに、いつも
お笑いが入ってしまうんですよね~~。
東郷青児さんの絵、お好きなんですね。
好きな人には、たまらない場所ですね。
いろいろツボってくださって、嬉しいです。
これからも、可愛いもの紹介していきますね。

11. Posted by 舞妓 豆梨花   2009年03月23日 13:54
なんかしら、くしゃみがよう出るとおもてましたら......
いややわ~。
みんなしてうちの事、噂しはって.....。
へぇ。確かにうちは芸事はあまりようできしまへんけど、
愛嬌だけは誰にも負けしまへんぇ。
喫茶ソワレ、うちのような乙女にピッタリの
ほんま素敵なとこどした。
狭い店内に人がぎょうさんおって、
あんまりゆっくりできへんかったけど
青い月明かりのような中でいただいた
ゼリーポンチの不思議な味は、
忘れようおもうても忘れられへんね。
ひろこちゃん、ほんま素敵なところを
教えてくれはって、おおきにぃ。

12. Posted by hiroko   2009年03月23日 21:31
豆梨花さん
誰かと思ったら、新米舞妓さん!
すっかり京言葉が、上手になっちゃって。
今度は、舞妓さん変身ツアーなんかピッタリじゃないの?
喫茶ソワレ、素敵だったでしょ~。
お店も混んでいたんだね。
私が行った時は、2階に1組ぐらいいただけで
すごく、ゆったりできたんだよ。
でも、なんか可笑しなことがあったんだってね。
あいかわらず、お茶目だねえ。
今回の乙女ツアーで、ほんまもんの
乙女になれたかしら?
今度あう時が、たのしみだわ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字