2012年11月25日

マウリッツハイス美術館展 (神戸市立博物館)

11月10日(土) うららかな秋の日もみじといちょうの葉デコメ絵文字

旅する少女にあいたくて 神戸へ出かけました。


002


東京で大人気だった マウリッツハイス美術館展が

秋から 神戸会場(神戸市立博物館)に場所を変え、開幕。

2012年9月29日(土)~2013年1月6日(日)


オランダ国旗デコメ絵文字にあるマウリッツハイス美術館が改築工事の間、

2014年まで 約50点の名作が日本とアメリカを巡回展示されます。


004


中でも、目玉は 1665年頃に描かれた

フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』。

印象的な青いターバンには、ラピスラズリを砕いて作った

貴重な顔料 ウルトラマリンが使用され

『青いターバンの少女』とも呼ばれています。


フェルメール『真珠の耳飾りの少女』ムック本の記事


076


謎に満ちた魅力的な この少女の油彩画は、意外と小さい。

顔のアップのポストカードは、『真珠の耳飾りの少女』の

実物大の大きさです。


神戸会場には 11時頃に着いて、20分待ちでした。

東京会場に比べたら、余裕の待ち時間だけれど

『真珠の耳飾りの少女』の前は 大勢の人。

できることなら 空いている時間で静かにゆっくり観たい。

地元だったら、何回も会いに行くんだけどなあ。。。

それでも 実物にあえて嬉しかったです。


070


鑑賞後は、グッズを見るのも 楽しいひと時~。

一番のお気に入りは、ミニチュアフェルメール。

『真珠の耳飾りの少女』が精巧に再現された

3.3cm×3cmの小さなアートブローチです。

ドールハウスに飾っても良い雰囲気ですね。



081


フェルメールと同じ オランダ生まれのミッフィーちゃんウサギのこけしと、

絵本『ミッフィーとフェルメールさん』も 可愛くて購入。


この本は、マウリッツハイス美術館展にあわせて出版され

本屋さんでも売っているけれど、帰りの新幹線の中で眺めたかったの。

子供の目線での絵の見方は、とても楽しい。

絵って こんなふうに観ればいいのねって

再発見できる良い絵本です。(^_^)


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■


このあと、ランチを食べ 可愛い少女たちハートにあうため、

夙川(兵庫県西宮市)と 中崎町(大阪)を巡りました。(続く)

↓ ↓ ↓

TOOTH TOOTH maison 15 th

高橋真琴個展 2012 (関西展)

万年少女人形館 「すずらんのブローチ」



この記事へのコメント

1. Posted by ちび   2012年11月27日 10:04
見にいけたんだね!実物をみれてよかったね~
やっぱり行動力あるのみだね
ミニチュアフェルメールとか可愛いっ
ミッフィーとフェルメールさんなんて絵本があるなんて知りませんでした。

でも一番気になるのはミッフィーちゃんこけし

まだまだ続くのねーワクワク

2. Posted by hiroko   2012年11月28日 10:34
ちびちゃん
やっぱり秋の神戸コースにしたよ~。
きっとオランダに観に行くことはないので、
日本にいるうちにね。
ミッフィーとフェルメールさん、大人がみても楽しいので
本やさんで見てみてね~。

ミッフィーこけしは、検索するとオンラインショップで買えるよ~。
(楽天もあるよ。)
雪の日のミッフィー こけしが気になる~~。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字