2016年09月08日

「婦人グラフ」 三月号 第二巻三号


「夢二忌 ゆめじき」

9月1日 大正浪漫を代表する 画家・詩人 竹久夢二の忌日。

(昭和9年 49歳 病没)

「夢二忌」は、俳句の初秋の季語とされています。
すすき デコメ絵文字


P1020707


夢二の美人画と兎
ウサギの表紙に魅かれて 骨董祭で購入した

婦人グラフ 3月号 第2巻3号。

大正14年3月1日発行  国際情報社出版

B4版変形 約326×245㎜


薄茶の表紙に 可愛い兎で 
十五夜満月とうさぎ デコメ絵文字を想像し

秋の号かと思いきや 
3月号。。。

季節外れだけど、抜粋して紹介しますね。(^▽^)ノ


P1020722


雛祭 (令嬢向流行衣装) 衣装は松坂屋の特製である。

帯の結び方は、大きい方は「あげ羽」結び

小さい方は「ひなぎく」結び。
ちょうちょ デコメ絵文字梅の花 デコメ絵文字


P1020716


紙細工の踊り衣装 クレープ・ペーパー・カストム

向かって右はローズカストム
左はバタフライカストム

紙細工とは思はれぬ程美しく巧妙です。
蝶 デコメ絵文字赤いバラ デコメ絵文字


P1020718


マダム・ヴエラ・トリフイロワの踊りです。

婦人が最も得意とするのは「マダム・バタフライ」
アゲハ デコメ絵文字

(略)「黒スワン」と「日本に咲く春の花」だと申します。

巴里でも非常な人気を博したものです。


P1020748


西洋人形のやうな 可愛らしい徳川喜和子さま

徳川厚男の令嬢喜和子さまです。

御年は十六で学習院の中期二年生(略)

手芸的方面にお趣味を持たれて、ミシン等も御上手です。


十二三才の頃から、お人形の着物
着物 デコメ絵文字や、猫黒猫デコメ絵文字のきもの等を

お縫ひになつたりなさいました。


P1020730


新邸の竹久夢二画伯婦人 お葉さま 
三つ葉 デコメ絵文字

十八のときから夢二氏の手に育まれ、潔癖なうちにも

夫君の仕事や気分に温かい同情を持つ。


P1020738


春向きの手提作り方


此の手提
バッグ デコメ絵文字は至つて手軽にどなたでもおできになつて、

ちょっと面白い形であります。布地はなるべく綿紗のやうな

やはらかなものが宜しいと思ひます。


P1020743


可愛らしい少女髪型

写真上は(略)十四五才位の可愛らしいお髪で(略)

まだあげて結つてはませすぎるといつたお年頃の方に

ふさわしう御座います。
リボン デコメ絵文字


P1020720


婦人グラフ
は、大正13年(1924)~昭和3年(1928)まで

55冊が刊行されました。

裕福層の女性向けに 国内外のファッションやニュース、

手芸、料理、インテリア、華族や良家の婦人・令嬢を掲載したり

今みても 興味深く ときめきます。
読書 デコメ絵文字


P1020709


表紙や挿絵を当時の人気作家たちが手掛けたのも

女性誌として支持された大きな要因で、

夢二の表紙は 木版と オフセット三色版が

それぞれ9冊づつあり、この3月号
は、三色版です。


P1020711


夢二が生きていた時代の雑誌を手にして、

もっと 夢二の作品や

婦人グラフの他の号も観たくなりました。(*'-'*)


007

005


2012年 弥生美術館で開催された 『田村セツコ展』

(その時の記事は上をクリック)に行った時に購入した

手の中にすっぽり収まる

小さな手まわし オルゴール。
オルゴール デコメ絵文字(画像・再掲)

曲は、夢二の詩 「宵待草」です。
花 デコメ絵文字


♪ 待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ

今宵は月も出ぬさうな






この記事へのコメント

1. Posted by rikarinn   2016年10月05日 10:27
hirokoちゃん、しばらくご無沙汰しちゃってごめんね。
先週ようやくお仕事の活動期を終えて、
またただの人形ものに戻るのでまた遊んでね!

婦人グラフの中に、あの大正ロマンの世界が広がっているのね。
和洋折衷のモダンな文化は、
いつ見ても乙女心をくすぐられます。
クルクルパーマの少女の髪型にときめいちゃった!
私もあんなふうにクルクルパーマをかけて
もらいたかったなぁ〜
hirokoちゃんの記事を見て、別の婦人グラフを探してみたくなりました。


2. Posted by hiroko   2016年10月06日 10:07
rikarinnちゃん
お仕事お疲れ様~~!そして、お帰り!
また一緒にお人形遊びができて嬉しいな。

婦人グラフ、うさぎの表紙にひかれて
はじめて手に取ったんだけど
どのページをめくっても、ときめいちゃった。
他の号もみてみたいね!
木版の表紙は、すごーく高くて買えないけどさ~~。
今もこんな雑誌があればいいのにね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字