京都・奈良

2016年05月05日

チューリップ&ヤマブキ


風薫る 五月 
四つ葉のクローバーデコメ絵文字

ゴールデン・ウィークは どこかへ お出かけ?

私は、1週間早く GW先取りで 京都へ遊びに行きました。

まずは、京都駅八条口で プチ・お菓子巡り~。(o^∇^o)ノ


P1100051


聖護院八ツ橋総本店が 立ち上げた新ブランド

nikiniki(ニキニキ)の季節の生菓子 「チューリップ」。

3色のチューリップ
チューリップ デコメ絵文字親指姫のような 妖精の女の子が、

生八ツ橋でできています。


P1100052


あまりの可愛さに、2箱購入~。
おんぷ デコメ絵文字

食べちゃうのがもったいない!可哀想~!と、

乙女たち?で盛りあがりながらいただきました。
照れる デコメ絵文字


P1100055


平成27年、新しく八条口に誕生した

「鶴屋吉信 IRODORI(いろどり)」 限定品

「琥珀糖」と「有平糖」を 初購入。

「琥珀糖」は、パステルみたいな 柔らかな色が綺麗。
パステルカラー!!!! デコメ絵文字

ジャスミン・カモミール・ローズ・ミント・ラベンダーの

5種のフレーバーが、ほんのり香ります。


P1090969


カフェで、お抹茶と季節の生菓子を味わいました。

生菓子は、五月の爽やかな風にたなびく

鯉のぼり
こいのぼり デコメ絵文字の吹き流しを表現した 「五月風」を選択。


目もお腹も満たされたので、目的地へ参ります~。
電車 デコメ絵文字


P1090976


(2016年4月23日 撮影)

松尾大社の境内に、約3000株の山吹
水彩花(黄色) デコメ絵文字が植えられており

ちょうど満開となっていたので行ってみました。


P1090980


ヤマブキは バラ科の低木で、桜が散る頃に開花します。

品種は、「一重」「八重」「菊咲」の3種があり

松尾大社には、珍しい シロヤマブキも咲いています。

可愛い 山吹花守を記念に~。
黄色ハート デコメ絵文字


P1100003


子供の頃、実家の庭の奥の方に

木々が鬱蒼と生い茂り 山吹が咲いていました。

その先には、秘密の花園
蝶 デコメ絵文字があるような

どこか別の世界に迷い込んで

決して行ってはいけないような・・・・・



P1100091


山吹の花をみると、その時の光景が蘇ります。

さわさわと風が吹いて
葉っぱ デコメ絵文字

やまぶきいろの花が揺れて。。。



山吹は 懐かしくて、

とても 好きだったことを 思い出しました。
蝶々と花(オレンジ) デコメ絵文字



□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■


P1090955


昨秋に植えた チューリップ 「アントワネット」。
チューリップ(黄色) デコメ絵文字

1球から 数輪、花を付ける枝咲きで

1本に、6~10花 咲きました。


P1090960


咲き進むと赤い筋が入り、赤く変化します。
チューリップ 赤黄 デコメ絵文字

1本で ブーケのように飾れ、色の変化も楽しめる

素敵な名前のチューリップでした。



春の京都、つぎも 懐かしさを感じる場所へ。(続く)





yume_dolly at 18:13|PermalinkComments(4)

2016年02月03日

「京あめ」 Crochet クロッシェ


晴明神社
星 デコメ絵文字にお詣りにいった後、


四条行きのバス
に乗り 2013年にオープンした


「京あめ」 Crochet クロッシェ さんへ~。

宝石
カラフルキラキラ デコメ絵文字のような 飴に ときめきました。 

 

P1090049


「秋のシャンゼリゼ」


世界で最も美しい通りと呼ばれる シャンゼリゼ通り。


パリの街路樹 マロニエの木々が秋色に染まりました。
紅葉 デコメ絵文字

(Flavor カスタードプリン)


「シェルブールの雨傘」 
青い天気マーク(雨・傘) デコメ絵文字 1964年 フランス映画


主人公を演じた カトリーヌ・ドヌーヴの

ドレスの配色をモチーフに。
(Flavor ヨーグルト)


P1090051


創業130年のクロッシェの京あめは、すべて手作り。

ヨーロッパの飴の美しい技術と、日本で培われた味を

融合させたいとの想いから誕生しました。

すべての色に意味があり、それぞれ名前があります。


P1090055


「ヴェルサイユ」「アントワネット」「マダム・デュ・バリー」

など フランスシリーズ
フランス柄 ハート デコメ絵文字を選んだり、


「源氏絵巻」「紫上」「朧月夜」など 源氏物語に

想いを馳せても 素敵・・・


自分用に購入した中で 一番好きだったのは、

ローズティー味の「京秋桜(きょうのあきざくら)」。

バラの香り
バラ(赤) デコメ絵文字が ふんわり広がり 幸せ~。(*^_^*)



P1090045


着物
着物 デコメ絵文字をイメージした パッケージも、


日本の古都・京都らしくて 素敵です。


P1090048


着物の半襟のように見えるのは、商品の説明書。

タイトルのイメージの色が使われて、おしゃれ~。


P1090253


菱形の紙を四つ折りにして、日本伝統の遊びである

折り紙にも通じますね。


商品にまつわるエピソードも、ぎっしり書かれていて

ひとつひとつ読むのも楽しいです。


P1080996


店舗では、商品すべて試食できます。

気になる お味を 3つほどいただきながら、

どれにしようか、ぐるぐる何周もしてしまいました~。
ハートがぐるぐる デコメ絵文字


P1080998


Web販売もあるのですが、京都本店限定の

「シェルブールの雨傘」も欲しかったし

実際にお店に行ってみたかったのです。(^^♪

京都土産にも、オススメ~。

季節商品や新作など、これからも 楽しみです。
ウインクするねこデコメ絵文字



Crochet クロッシェ 京都店

〒600-8052 京都市下京区綾小路富小路東入塩屋町69

TEL:075-744-0840







Daniele Vidal (ダニエル・ビダル)

「オー・シャンゼリゼ」
 





【予告】 「シェルブールの雨傘」

2013年 カンヌ映画祭 デジタル・リマスター版


◆昨年、午前十時の映画祭で初めて「シェルブールの雨傘」を
観ました。曲は有名なので知っていたけれど、
ミュージカルだっとは!といっても踊りがあるわけではなく
全編音楽のみで台詞がすべて歌!(歌は歌手による吹き替え)

ストーリーは おいといて、ともかく映像が美しい~~~。
カトリーヌ・ドヌーヴはもちろん、
衣装や壁紙の色合いに惚れぼれしました。






yume_dolly at 02:20|PermalinkComments(4)

2016年01月22日

京都・晴明神社 ☆ 陰陽師 安部晴明


P1080986


2015年 12月20日

京都にある 晴明神社へ 参拝してきました。

晴明神社は、平安時代中期の天文学者

陰陽師 阿倍晴明公(920-1005)を お祀りする神社で

晴明公が 実際に住んでいた屋敷跡に 社殿が設けられています。


P1080962


堀川通り沿いに建つ 一の鳥居には、晴明神社の社紋

晴明桔梗(桔梗印)が掲げられています。

晴明桔梗は、五芒星(ごぼうせい)とも呼ばれ

陰陽道に用いる 祈祷呪符のひとつとして伝えられています。


P1080975


境内にある晴明井。

晴明公の念力により湧出させた水は、

病気平癒のご利益があると信じられ 現在も飲むことができます。


P1080976


井戸水の湧き出るところは、その歳の恵方を向いており

毎年、立春の日に恵方に合わせ 向きを変えるそうです。


P1080978


晴明神社は、「魔除け」「厄除け」の神社。

古来より、桃は 魔除け・厄除けの果物として伝えられ

この厄除桃を撫で、自身の厄や 魔などを取り除きます。


P1080993


樹齢 推定300年の楠は、晴明神社のご神木。


フィギュアスケート・男子シングル フリースケーティングで、

映画 「陰陽師」の曲を使用している 羽生結弦選手も

2015年7月に 晴明神社を訪れ

厄除桃を撫でたり、ご神木に体を預けられました。


前人未到の300点越えを達成した 羽生選手。

私も パワーを戴いてきました~。(*´∇`*)


P1080984


ご本殿の北側にある 末社・齋稲荷社(いつきいなりしゃ) 前に

奉納された たくさんの絵馬には、

全国から駆けつけた 羽生くんのファンが

彼の健康と 演技の成功を祈願されていました。


絵馬舎には、多くの有名人の絵馬が奉納されており

羽生くん直筆の絵馬も見ることができて 感激!



P1080981


羽生選手の今季のプログラム 「SEIMEI」 は、

陰陽師 阿倍晴明が降臨したかのような

圧巻の演技に惹き込まれます。


厳しい練習を積み重ねて、結果を出し続ける

強靭な精神力に 感銘を受けます。


http://www.dailymotion.com/video/x3hxf5r

「題名のない音楽会」 フィギュアスケートの音楽会
映画「陰陽師」より 『SEIMEI』
作曲:梅木茂 編曲・指揮:三宅一徳 龍笛:笹本武志
(2015年12月13日放送)
上のリンクをクリックすると動画がみられます。




P1090058


晴明神社で 分けていただいた授与品。

絵馬は 魔除けとして持ち帰っても良く、部屋に祀りました。

(※目線より上の位置に祀る)


水木しげるさんが描き下ろした

「マンガ日本の古典9 今昔物語(下)」に阿倍晴明公が描かれ、

その部分が マンガ小冊子として配布されていました。(300円)


P1090057


みずかがみ御守は 娘のお土産に~。

紅葉の時季限定の もみじまもりは、授与 最終日でした。


P1080967


もみじまもりは、例年11月中旬から 12月中旬限定ですが

暖冬の影響で 秋が長く、20日まで 延長されていました。

まだまだ 美しい 京の紅葉を愛で、

可愛い御守りを授与することができて 嬉しい~。(*^_^*)


P1080994


境内には、桔梗が 約2000株植えられています。

6月中旬から 初秋にかけて、青と白の桔梗が咲き誇り

その開花期間のみ 「桔梗守」が授与されます。


桔梗の季節も、また 晴明神社にお詣りしようと思います。





yume_dolly at 07:56|PermalinkComments(6)

2015年08月23日

京都 ひんやり お菓子 (レースかん・胡粉ネイル)


京都・下鴨神社 「みたらし祭」
の続き、

お菓子 & お土産編です。


P1080119


京の ひんやりお菓子を求めて

明治18年創業の京菓子店 「大極殿本舗」へ。

輪切りにした レモンレモン デコメ絵文字を寒天に挟み、

レースに見立てた レースかん。 とっても 涼しげ~。レース デコメ絵文字


P1080094


昭和のはじめ、レモンレモン デコメ絵文字が珍しかった頃

ハイカラ好みの3代目が創作されたのだそうです。

おしゃれで 美しいですね! 包装も素敵。


P1080098


レースかんは、冷やしていただきます。

レモンの酸味は、それほどなく

ほんのり甘くて、やさしい お味です。


常温で 10日くらい保存可能と 日持ちもするので

夏のご挨拶や 手土産にも喜ばれそう。

レースかんは、5月下旬~9月上旬までの夏季限定商品です。ひまわり デコメ絵文字


P1080035


大極殿本舗 六角店には、甘味処 「栖園」が併設されており

桜の季節に 2回来て、桜蜜の琥珀流しを食べています。お花見

栖園・琥珀流し(桜蜜)京都 桜巡り 2013 )


琥珀流しは、3月~12月まで 毎月 蜜が変わります。

7月は、ペパーミント葉っぱ デコメ絵文字 & ソーダ水付き。ソーダ デコメ絵文字

ミントグリーンが 爽やかで可愛い。


P1080032


琥珀流しは、娘と半分こして かき氷も注文。カキ氷 デコメ絵文字

娘は 梅酒みぞれ、私は レモンみぞれを食べました。


梅酒みぞれは、古酒と新酒を混ぜて作られ

まろやかで深みのある味!と娘ちゃん 大絶賛。

京の初かき氷、フワフワで おいしゅうございました~。うれしい! デコメ絵文字


P1080030

P1080031


レースかんは、地方発送も可能。電話でお問い合わせください。


◆大極殿 六角店・栖園 電話075-221-3311 水休み

京都市中央区六角通高倉東入ル南側堀之上町120


◆大極殿 本店 電話075-221-3323 無休

京都市中央区高倉四条上ル帯屋町590


P1080103


京都のお菓子といえば、八ツ橋。

ラムネラムネ デコメ絵文字と もも桃 デコメ絵文字 の生八橋が目にとまりました。

ラムネと桃の味がして 美味しい~~。 顔文字デコメ絵文字 

創業1689年の本家 西尾八ツ橋さんは、

京都で一番古い 八橋やさんだそうです。


P1080113


可愛い 豆団扇も見つけました。うちわ デコメ絵文字

封筒に入ってしまうくらい 小さくて、

大きめのお人形に持たせたら、ちょうど良いサイズ~。


P1080108


京都駅地下 Porta の京みやげ店で、

ちょっと前から興味のあった 胡粉ネイル実写_マニキュア デコメ絵文字をみかけ

娘が、どれにしようか悩みに悩み 小一時間 費やす・・・悩むネコ デコメ絵文字

やっとの思いで、ピンク系2本に

スーパーコートなどを お買い上げさせられる。


P1080219


日本最古の絵具屋さんが創った 京都生まれのネイル、

京都にしか売っていないと思ってたら

全国に取り扱い店があると 後から知り

後日、名古屋で ひんやり系マニキュア デコメ絵文字 2色をねだられる。。。


マニキュア特有の匂いもなく、数分で乾き

発色も綺麗で、なかなかの優れモノ。

親子で大ファンになり 愛用中~。


P1080091


夜の京都タワーを眺め、真夏の京都ひんやり旅は 終了~。ペンギン デコメ絵文字


京の夏は暑おすけども、風流もようけ、ありますんぇ。

(本家西尾八ツ橋 包装紙より)


夏の京都も楽しかったなあ~。

また、遊びに行こう!舞妓はん デコメ絵文字




yume_dolly at 23:10|PermalinkComments(4)

2015年08月14日

京都・下鴨神社 「みたらし祭」


7月26日(日) 夏の京都の風物詩 朝顔(水色) デコメ絵文字

下鴨神社で行われた

みたらし祭(足つけ神事)に 娘と出かけました。


P1080085


みたらし祭は、下鴨神社の御手洗池(みたらしのいけ)に足を浸し

罪・けがれを祓い、無病息災を願います。

土用の丑前後に行われるため、開催日時は 毎年 変わり

2015年は 7月19日~26日の8日間でした。

◆ 朝5時半~夜22時(初日のみ9時から、21~23日は 21時まで)


P1080037


まずは 参拝をすませ、足つけ神事の受付へ。

靴・靴下を脱いて素足になり、

灯明料(300円)を納めて ロウソクを受け取り

御手洗池にかかる 輪橋(そりはし)の下から、水の中へ入ります。


P1080039


神聖な池に入ることができるのは、この神事のみ。

ドキドキ・ワクワク 足を浸してみると、水が 冷たくて ビックリ~びっくり デコメ絵文字

深い所では、大人の膝くらいまで 水位があり

大歓声があがります。ヾ(=^▽^=)ノ


P1080040


普段、御手洗池に 水は流れていないけれど

土用が近づくと 地下から 水が湧き出る この現象は、

「京の七不思議の一つ」 なのだとか。はてな デコメ絵文字


P1080041


水の中を進み、種火ロウソク デコメ絵文字のある 小さな祠(ほこら)で

ロウソクに火を灯して そのまま持って歩き

もう少し先にある 祭壇に献灯します。


P1080046


祭壇のあたりは 水位も低く、小さなお子さんでも 安心。

(深い所は、親御さんが抱っこされています。)

老若男女、みんな 楽しそう~。ドキドキハート(水色) デコメ絵文字


P1080062

P1080056


私が行ったのは、夕方で まだ明るかったけれど

暗くなってからは、ロウソクや提灯のあかり提灯 デコメ絵文字

とても幻想的なのだそうです。


P1080064


池からあがると、ご神水が振る舞われ

体の中も お清めされて 清々しい気分です。


P1080070


足形祈祷木 初穂料 200円

手のひらサイズの足形のお札の裏に 家族や友人の

名前と年齢を書き、無病息災・健脚祈願。足が生えたハート デコメ絵文字

家族3人分、書いてきました~。


P1080075


御手洗社前に納めにいったら、たくさん浮かんでました。

(すぐ横に、もっと凄い枚数が~)

神水で清められ、ご利益ありそうです。.。゚+.(・∀・)゚+.゚


P1080078


お供えに、みたらし団子~。だんご デコメ絵文字

さすが、みたらし団子 発祥の地!

みたらし団子は、下鴨神社の御手洗祭が語源で

御手洗池の水泡泡 デコメ絵文字を模して作られました。


以前、流し雛の時に食べて、すごく美味しくて

みたらし団子を食べるのを楽しみにしていたけど、

すでに完売でした~~。がっかり猫 デコメ絵文字


P1080115


御朱印も いただきました。

下鴨神社の御神紋 「双葉葵」の印が可愛いです。はっぱ デコメ絵文字


一緒に写っているのは、娘が気に入った 「水守」。

みたらし池から涌く泡が弾けるよう泡 デコメ絵文字

病気を寄せ付けない御守りで

御手洗池の涌き水が入っています。



今回の日帰り旅のテーマは、『ひんやり 京都』。氷のハート デコメ絵文字

続いて 次回、みたらし祭の前に訪れた

京都の ひんやりお菓子 を紹介しますね。(^o^)/


(◆更新しました。上のリンクをクリックしてね。)



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


88907301.jpg


2008年3月3日に行った、下鴨神社の流し雛の様子。内裏雛 デコメ絵文字

足つけ神事と同じ場所です。

写っている輪橋の向こうから、水の中を歩きました。

通常の水位は、こんなに少ないのです。


a37104de.jpg


下鴨神社は、流し雛の時に 初めて参拝し

いつの間にか、もう 7年も経っていました。。。

流し雛とみたらし祭、どちらも感動的で また行きたいな。カラフル☆れいんぼーデコメ絵文字



京都 下鴨神社の流し雛 1.(2008年3月過去記事)

京都 下鴨神社の流し雛 2.(2008年3月過去記事)




yume_dolly at 00:56|PermalinkComments(4)