京都・奈良

2015年08月23日

京都 ひんやり お菓子 (レースかん・胡粉ネイル)


京都・下鴨神社 「みたらし祭」
の続き、

お菓子 & お土産編です。


P1080119


京の ひんやりお菓子を求めて

明治18年創業の京菓子店 「大極殿本舗」へ。

輪切りにした レモンレモン デコメ絵文字を寒天に挟み、

レースに見立てた レースかん。 とっても 涼しげ~。レース デコメ絵文字


P1080094


昭和のはじめ、レモンレモン デコメ絵文字が珍しかった頃

ハイカラ好みの3代目が創作されたのだそうです。

おしゃれで 美しいですね! 包装も素敵。


P1080098


レースかんは、冷やしていただきます。

レモンの酸味は、それほどなく

ほんのり甘くて、やさしい お味です。


常温で 10日くらい保存可能と 日持ちもするので

夏のご挨拶や 手土産にも喜ばれそう。

レースかんは、5月下旬~9月上旬までの夏季限定商品です。ひまわり デコメ絵文字


P1080035


大極殿本舗 六角店には、甘味処 「栖園」が併設されており

桜の季節に 2回来て、桜蜜の琥珀流しを食べています。お花見

栖園・琥珀流し(桜蜜)京都 桜巡り 2013 )


琥珀流しは、3月~12月まで 毎月 蜜が変わります。

7月は、ペパーミント葉っぱ デコメ絵文字 & ソーダ水付き。ソーダ デコメ絵文字

ミントグリーンが 爽やかで可愛い。


P1080032


琥珀流しは、娘と半分こして かき氷も注文。カキ氷 デコメ絵文字

娘は 梅酒みぞれ、私は レモンみぞれを食べました。


梅酒みぞれは、古酒と新酒を混ぜて作られ

まろやかで深みのある味!と娘ちゃん 大絶賛。

京の初かき氷、フワフワで おいしゅうございました~。うれしい! デコメ絵文字


P1080030

P1080031


レースかんは、地方発送も可能。電話でお問い合わせください。


◆大極殿 六角店・栖園 電話075-221-3311 水休み

京都市中央区六角通高倉東入ル南側堀之上町120


◆大極殿 本店 電話075-221-3323 無休

京都市中央区高倉四条上ル帯屋町590


P1080103


京都のお菓子といえば、八ツ橋。

ラムネラムネ デコメ絵文字と もも桃 デコメ絵文字 の生八橋が目にとまりました。

ラムネと桃の味がして 美味しい~~。 顔文字デコメ絵文字 

創業1689年の本家 西尾八ツ橋さんは、

京都で一番古い 八橋やさんだそうです。


P1080113


可愛い 豆団扇も見つけました。うちわ デコメ絵文字

封筒に入ってしまうくらい 小さくて、

大きめのお人形に持たせたら、ちょうど良いサイズ~。


P1080108


京都駅地下 Porta の京みやげ店で、

ちょっと前から興味のあった 胡粉ネイル実写_マニキュア デコメ絵文字をみかけ

娘が、どれにしようか悩みに悩み 小一時間 費やす・・・悩むネコ デコメ絵文字

やっとの思いで、ピンク系2本に

スーパーコートなどを お買い上げさせられる。


P1080219


日本最古の絵具屋さんが創った 京都生まれのネイル、

京都にしか売っていないと思ってたら

全国に取り扱い店があると 後から知り

後日、名古屋で ひんやり系マニキュア デコメ絵文字 2色をねだられる。。。


マニキュア特有の匂いもなく、数分で乾き

発色も綺麗で、なかなかの優れモノ。

親子で大ファンになり 愛用中~。


P1080091


夜の京都タワーを眺め、真夏の京都ひんやり旅は 終了~。ペンギン デコメ絵文字


京の夏は暑おすけども、風流もようけ、ありますんぇ。

(本家西尾八ツ橋 包装紙より)


夏の京都も楽しかったなあ~。

また、遊びに行こう!舞妓はん デコメ絵文字




yume_dolly at 23:10|PermalinkComments(4)

2015年08月14日

京都・下鴨神社 「みたらし祭」


7月26日(日) 夏の京都の風物詩 朝顔(水色) デコメ絵文字

下鴨神社で行われた

みたらし祭(足つけ神事)に 娘と出かけました。


P1080085


みたらし祭は、下鴨神社の御手洗池(みたらしのいけ)に足を浸し

罪・けがれを祓い、無病息災を願います。

土用の丑前後に行われるため、開催日時は 毎年 変わり

2015年は 7月19日~26日の8日間でした。

◆ 朝5時半~夜22時(初日のみ9時から、21~23日は 21時まで)


P1080037


まずは 参拝をすませ、足つけ神事の受付へ。

靴・靴下を脱いて素足になり、

灯明料(300円)を納めて ロウソクを受け取り

御手洗池にかかる 輪橋(そりはし)の下から、水の中へ入ります。


P1080039


神聖な池に入ることができるのは、この神事のみ。

ドキドキ・ワクワク 足を浸してみると、水が 冷たくて ビックリ~びっくり デコメ絵文字

深い所では、大人の膝くらいまで 水位があり

大歓声があがります。ヾ(=^▽^=)ノ


P1080040


普段、御手洗池に 水は流れていないけれど

土用が近づくと 地下から 水が湧き出る この現象は、

「京の七不思議の一つ」 なのだとか。はてな デコメ絵文字


P1080041


水の中を進み、種火ロウソク デコメ絵文字のある 小さな祠(ほこら)で

ロウソクに火を灯して そのまま持って歩き

もう少し先にある 祭壇に献灯します。


P1080046


祭壇のあたりは 水位も低く、小さなお子さんでも 安心。

(深い所は、親御さんが抱っこされています。)

老若男女、みんな 楽しそう~。ドキドキハート(水色) デコメ絵文字


P1080062

P1080056


私が行ったのは、夕方で まだ明るかったけれど

暗くなってからは、ロウソクや提灯のあかり提灯 デコメ絵文字

とても幻想的なのだそうです。


P1080064


池からあがると、ご神水が振る舞われ

体の中も お清めされて 清々しい気分です。


P1080070


足形祈祷木 初穂料 200円

手のひらサイズの足形のお札の裏に 家族や友人の

名前と年齢を書き、無病息災・健脚祈願。足が生えたハート デコメ絵文字

家族3人分、書いてきました~。


P1080075


御手洗社前に納めにいったら、たくさん浮かんでました。

(すぐ横に、もっと凄い枚数が~)

神水で清められ、ご利益ありそうです。.。゚+.(・∀・)゚+.゚


P1080078


お供えに、みたらし団子~。だんご デコメ絵文字

さすが、みたらし団子 発祥の地!

みたらし団子は、下鴨神社の御手洗祭が語源で

御手洗池の水泡泡 デコメ絵文字を模して作られました。


以前、流し雛の時に食べて、すごく美味しくて

みたらし団子を食べるのを楽しみにしていたけど、

すでに完売でした~~。がっかり猫 デコメ絵文字


P1080115


御朱印も いただきました。

下鴨神社の御神紋 「双葉葵」の印が可愛いです。はっぱ デコメ絵文字


一緒に写っているのは、娘が気に入った 「水守」。

みたらし池から涌く泡が弾けるよう泡 デコメ絵文字

病気を寄せ付けない御守りで

御手洗池の涌き水が入っています。



今回の日帰り旅のテーマは、『ひんやり 京都』。氷のハート デコメ絵文字

続いて 次回、みたらし祭の前に訪れた

京都の ひんやりお菓子 を紹介しますね。(^o^)/


(◆更新しました。上のリンクをクリックしてね。)



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


88907301.jpg


2008年3月3日に行った、下鴨神社の流し雛の様子。内裏雛 デコメ絵文字

足つけ神事と同じ場所です。

写っている輪橋の向こうから、水の中を歩きました。

通常の水位は、こんなに少ないのです。


a37104de.jpg


下鴨神社は、流し雛の時に 初めて参拝し

いつの間にか、もう 7年も経っていました。。。

流し雛とみたらし祭、どちらも感動的で また行きたいな。カラフル☆れいんぼーデコメ絵文字



京都 下鴨神社の流し雛 1.(2008年3月過去記事)

京都 下鴨神社の流し雛 2.(2008年3月過去記事)




yume_dolly at 00:56|PermalinkComments(4)

2014年12月24日

スズランピアノ 小さな個展 ◆セルロイドの花びら◆


P1060666


12月7日(日) まなさんの個展 の後、

大阪から 京都へ移動。

スズランピアノさん 初個展 すずらん デコメ絵文字

「セルロイドの花びら」 を鑑賞しました。


P1060631


会場の アンティーク・古書・喫茶 「迷子」 さんの窓辺には、

スズランピアノさんの 小さなお人形や 小物など

可愛い世界が 広がっていました。ピアノ デコメ絵文字


P1060629


お店に入って すぐ、スズランピアノさん(虹子さん)が

声をかけてくださり、一言二言 話しただけで

「もしかしたら、ゆめゆめ人形館さんですか?」

「なんとなく わかっちゃいました~。」 と。。。( ̄▽ ̄;)!!


P1060633


おかしいなあ、なんでかなあ?ねこ/ガックリデコメ絵文字

通りすがりの人を装うつもりでいたのに。

地味な服に、地味地味なコートを着て

悪目立ちしてないはずなんだけどな。

(ピンクのブーツブーツ デコメ絵文字を履いてたのが いけなかった?)


P1060634


世代の違う 本物の乙女さんリボンデコメ絵文字を前に、

「心は、少女」 だなんて 恥ずかしすぎるので

こっそり 楽しもうと思ったのでした。 (~_~;)

バレてしまっては 仕方ないので、

可愛い世界を堪能させていただきました。ドキドキ大


P1060635


アンティークと見間違うくらい 素敵な雰囲気の布絵。

「薔薇」 というタイトルが付けられています。バラ

額の部分は、古い生地を使用され

押絵のように ふっくらしています。


P1060637


蝶々(黄色) デコメ絵文字「月色の蝶よ」 「薔薇」 は、点滴堂さんの企画展

「君影草 2014」と「女生徒 chapter.2」 に出品され

大好きな作品でした。

通販不可でなければ、本気でほしかったので

京都で 巡りあえて 感激。いちご音符 デコメ絵文字


P1060639


モールの指輪指輪 デコメ絵文字は、箱ごと眺めていても ワクワク~。カラフル☆れいんぼーデコメ絵文字

好きなのをプレゼントしてくださると言われ、選んだら

スズランピアノさんが指に はめていたのと お揃いでした。(´∀`*)


P1060710


「迷子」さんで お迎えできた作品たち。

小さな赤ずきんちゃんは、約8㎝。

粘土細工のスズランのブローチスズラン デコメ絵文字は、干菓子みたい。


P1060718


スズランピアノさんの手から誕生する お花も、

繊細で 愛らしいです。

剣弁咲きの薔薇、オールドローズのような 巻き薔薇バラ デコメ絵文字 と

珊瑚色のスズラン・ブローチは、乙女屋さん の通販でゲット。


P1060721


金魚梅ちゃん と 一緒に。金魚 デコメ絵文字

今年は、3回 関西に お出かけして (関東は 一度も行けず)

3回とも スズランピアノさんのお人形を連れ帰りました。

もう一人は、紙風船ちゃんひよ@風船 デコメ絵文字


若くて麗しき乙女たちきらきらデコメ絵文字の お邪魔にならないよう、

これからも ご活躍を楽しみにしていますね!


P1060642


「迷子さん」に着いたのは、6時頃。夜 デコメ絵文字

京都駅からバスに乗って降りたら、真っ暗~~。

初めて来たので 右も左も わからず、迷子になる前に

人に聞いて無事に辿りつけました。(^^♪


P1060644


想像以上に素敵な 白いレトロな建物に うっとり。

2階は、GOSPEL(ゴスペル)という カフェ。

近くには、銀閣寺や 哲学の道桜の花デコメ絵文字などがあるので

また、ふらりと 出かけてみたいなあ。


京都で もっと ゆっくりしたかったけれど、

スズランピアノさんの個展だけで 時間切れ~。


P1060650


京都駅で お土産とお弁当を買って帰りました。

よーじや製クッキーは、宇治茶と豆腐味で美味!

京都のお菓子の中でも、超お気に入りになりました。ハート


P1060647


「京料理 たん熊 北店」 のお弁当があったので 購入。

味がよく染みていて、さすがに 美味しい。

少しの滞在だったけれど、やっぱり 京都は いいね~。顔文字デコメ絵文字




yume_dolly at 10:44|PermalinkComments(6)

2013年11月14日

nikiniki (ニキニキ) * 四条 散歩


京都・四条通りに 2011年3月に誕生した お店

nikiniki(ニキニキ)へ行きました。

◆阪急河原町駅木屋町出口すぐ
京都市下京区四条西木屋町北西角
電話 075‐254‐8284  11時~19時 不定休


P1040291


nikiniki は、聖護院八ツ橋がプロデュースした

新しい八ッ橋の食べ方を提案するお店。

店舗は、おしゃれな パリのお菓子屋さんのような感じです。


P1040292


カレ・ド・カネールは、何種類かある生八ッ橋と

中に入れる餡やコンフィを自由に組み合わせ、

ひとつから注文でき 店内のカウンターで 気軽に食べられます。

お土産に、お持ち帰りセットを 2箱 購入しました。

(※組み合わせにより、お値段は 800~1500円)


P1040293


生八ッ橋は、シナモン・抹茶・ロゼ・アズール・セサミの5種類。

あんやコンフィは、季節によって変わります。

この日は、かぼちゃ・栗・落花生などの餡に

りんごやシトロン(レモン味)のコンフィチュール、

カスタードクリームなど 10種類くらいありました。


P1040294


お持ち帰りセットは、八ッ橋と餡が 2種類づつ選べます。

普通の八ッ橋では 珍しい ピンク(ロゼ)と アズール(水色)を

コンフィは、りんごとシトロンを選びました。

(実家へのお土産は、無難に栗と通常の餡を選択)


P1040377


生八ッ橋のにっきの香りと 洋風のコンフィが斬新!

可愛くて、美味しい~~。゚+.o(*゚▽゚*)o゚+.゚

カタログのように お花型や

普通の八ツ橋の三角にして食べても OK。


P1040382


そして、生八ッ橋でできた 季節の生菓子も

可愛くて楽しみでした。

私が出かけた日(10月31日)は、ちょうど ハロウィン。

その日まで、ハロウィンを モチーフにした生菓子が

小さめの箱に 2つづつ入って 3種類 販売されていました。

(※生菓子 2個セット 400円~ ハロウインは 500円)


P1040375


魔女と帽子、おばけとキャンディーのセットを購入。

娘が2つ、私と妹が 1つづつ食べました。(-^〇^-)

季節のお菓子は、毎月 変わるので

京都に住んでいたら 毎月買いに行きたいな。

(※生菓子は当日、カレ・ド・カネールは翌日までの賞味期限)


P1040387


紙袋は、楽しい ハロウィン仕様。

前に京都に来た時、夕方に nikiniki へ寄ったら

完売で 何一つ ありませんでした、、、

なので 今回は、一番先に お買い物して

無事に ゲットできて ゴキゲン~。ヾ(*´∀`*)ノ



◆nikiniki 京都駅前店もあります。
JR京都駅八条東口 アスティロード レストラン街 1F
電話075-662-8284  9時~20時 無休


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


P1040316


nikiniki のすぐ近くに、
喫茶 ソワレがあります。

(※住所・素敵な店内は、上のリンクから見てくださいね。)


P1040312


3年半ぶりくらいに ソワレに入り、ゼリーポンチを食べました。

夢色ゼリー、やっぱり ロマンチック~。


P1040308


高瀬川沿いを散歩していて 通りかかった

和風のお店 
珍竹林(ちんちくりん)で お昼ご飯を食べることに。


P1040298


一番奥の川が見える席に座りました。

桜の時期は、窓中ピンクの特等席です。


P1040296


平日ということもあってか、私が食べ終わるまで

他に誰も来なくて 貸切状態。

静かな店内に、トリを揚げる音だけが響き アツアツを いただきました。


P1040303


P1040299


お料理ができるまで、川を流れる落ち葉や

サギの姿を目で追いかけて のんびり~。

賑やかな 四条にいることを忘れてしまいそう・・・


P1040301


私の秋の京都・大阪 日帰りプチ旅は、

名古屋を 11時頃出発し、 四条から始まり

そのあと、
遊・空間Uの くりくり展へ行ったのでした。


次は、大阪編~♪




yume_dolly at 09:47|PermalinkComments(4)

2013年08月30日

白雪ふきん


万葉の時代より 受け継がれてきた

奈良鹿デコメ絵文字の特産品 蚊帳生地(かやきじ)に

美しい友禅染を施した 『白雪ふきん』。雪 デコメ絵文字


P1030874


古典的なものから メルヘンチックまで、素敵な柄が沢山有り

眺めているだけでも 楽しいです。

〝詩・物語シリーズ"『不思議の国のアリス』は

トランプがモチーフになって、ダントツの可愛さ。アリスのうさぎ?? デコメ絵文字


P1030876


マカロンピンクに、マカロングリーン、マカロンブルーの

3色があり、どれも 可愛い。マカロン デコメ絵文字

表面は友禅染、裏面は 白い蚊帳生地の

リバーシブル仕立てです。


P1030870


何年も前に、雑貨店で 白雪ふきんを目にして

その時から 大好きな〝モダンシリーズ"『さくらんぼ』。

五線譜ト音記号 デコメ絵文字の上に、さくらんぼが 音符のように

散りばめられています。


P1030881


大きさは、縦横 30×40cm。

おしぼりや ランチョンマットなど、色々 活用できます。

白雪ふきんは 丈夫で、名前の通り

いつまでも 白く使えるのだとか。雪だるま デコメ絵文字

色落ち防止加工がされ、

台所漂白剤が使用できるのも良いですね。


P1030869


奈良といえば、鹿。バンビデコメ絵文字

〝日本の四季シリーズ"12月(師走)は、『鹿』の柄です。

通常の色と 限定色があり、

2013年限定色は、黄緑の ずんだ色。枝豆 デコメ絵文字

よく見ると、白い部分も 逆さまの鹿柄~。(^∇^)

毎年、どんな限定色になるのか 楽しみです。


P1030882


東大寺 御用達の白雪ふきんは、毎年8月に行われる

大仏さま大仏殿 デコメ絵文字の1年分のほこりを払う お身拭い(おみぬぐい)と

3月の修ニ会(しゅにえかい)椿 デコメ絵文字 お水取りに献納されています。


そんな由緒ある 白雪ふきん(白雪友禅ふきん)は、

1枚 350円(税別)と プチ・プライスなので

家使いにも ささやかなプレゼントにも重宝します。(^_^)


P1030864


白雪ふきん 初のビジュアルBOOK 姫系の本 デコメ絵文字

『白雪ふきん と奈良の四季』 が、 2013年7月に発行されました。

美しい 110の柄を眺めながら、白雪ふきんの歴史や

奈良のことなどを知ることができます。


特別付録は、白雪ふきん 正倉院御物‘奈良絵” 天平の風。

ゆる可愛い伝統的な 奈良絵バンビデコメ絵文字で、天平文化が描かれています。

(※ たたみ方が違うだけで、通常と同じサイズ。)


P1030867


記憶の片隅に かすかに残る、子供の頃の夏・・・ひまわり デコメ絵文字

窓を開け放し、蚊帳を吊って

蚊取り線香蚊取り線香 デコメ絵文字を焚き 家族一緒に眠った夜。。。

懐かしい 昭和の夏を 想いだしました。夜 月 夜空 デコメ絵文字







白雪ふきんHPで、取扱店情報・公式通販サイトあり。

奈良の工房内に、商品ギャラリーも開設されています。

◆白雪ふきんは、 お湯で糊を洗い落としてから ご使用くださいね。




yume_dolly at 14:21|PermalinkComments(2)