創作人形

2020年03月05日

夢見るギニョール展 vol.3


P1050220


大阪・中崎町にある ギニョールさんの人形展覧会

「夢みるギニョール展 Vol.3 」

◆2020年2月21日~3月8日(月火 休み)

初日に 出かけてきました。


P1050196


お店の1階と2階で、ダークファンタジーをテーマにした

創作人形や、人形パーツ&人形用アクセサリー、

ヨーロッパで買い付けされた ブロカント・ドールなどを展示販売。

素敵な お人形が たくさん見られて 幸せ~。


P1050206


P1050208


P1050204


P1050201


ドイツのウサギの着ぐるみは、アンティークショップなどで

時々 見かけますが、こんなに一杯 並んでいると

テンション上がりまくり~。



P1050221


ピンクのお耳の うさぎちゃん、いつか 欲しいな~と

心に 秘めていたのです。(*'-'*)


そして、赤ちゃん抱っこのウサギ少女を 連れて帰ることに~。

念願のピンクうさちゃん、嬉しい。


P1050200


少女の学校も あり、
後ろの席の赤&ピンクの おふたりさん、

ゆめゆめ人形館へ 転校してもらいました。

(机と座っているお人形2体 セット販売)


P1050252


創作人形展覧会も 27名の作家様が参加して、

 見応え たっぷりでした。

2階の作品は イベント終了後までの展示ですが、

1階の作品と アンティークドール等は 当日お持ち帰り可能。

1階の きせか絵さん のドールにも 惹かれ、お迎えしました。


P1050239


お顔は 作家様のオリジナル、オビツボディ使用。

ポージングは自由にでき、1/6サイズのお着替え互換性あり。

お顔も 衣装も ふんわり春らしい 可憐な少女ドールです。


今年も 昨年同様、全然 ダークじゃない

ピンクの世界に浸りました~~。

去年の「夢みるギニョール展 vol.2」の過去記事は

上のリンクをクリックしてね。


P1050215


この日は、猫の夜ゴハンまでに帰らないといけなくて

中崎町の滞在時間は、2時間くらい・・・

本当は、もっと ゆっくり巡りたかったなあ。


近くの 乙女屋さん には 15分しかいられなかったけれど、

Shirakaba lab(シラカバ ラボ)さんの

ハーブティーが買えて ご機嫌~。


P1050212


無農薬・化学肥料不使用の国産ハーブを手摘みで収穫し、

ひとつひとつ 手作業でブレンド。

とっても 綺麗な色と お花のハーブティー、

淹れるのが 楽しみです。





yume_dolly at 00:25|PermalinkComments(0)

2019年12月03日

みそろぎ人形展☆レマンス・タイス『穴うさぎ』


11月17日(日)

秋晴れの東京へ、アートな お出かけをしてきました。

東京駅のすぐ隣 丸の内オアゾ内

丸善・丸の内本店4F ギャラリーAで開催していた

みそろぎ人形展 ~創作と民族の出会い~

(11月13日~19日終了)で、可愛い子を お持ち帰り~



P1040842


レマンス・タイス Remans Tais(ウクライナ)

動物人形『穴うさぎ』
 大きさ:14㎝(お座り 10㎝)


出品された作品の中で、この子
が 一番好きだったけど

会期が 5日目なので、絶対に いるわけないと思っていたら

穴うさぎちゃん 残っていた~!
嬉しいな。(*゚▽゚*)


P1040846


レマンスさんの動物人形 は、とても 繊細で

不思議な魅力に溢れています。

(上のリンクをクリックすると作品が見られます)


穴うさぎちゃんは、半立体の横顔で

お顔と手足は 粘土(ラドール)を使用。

横から見た絵を ぬいぐるみに仕上げたような作品です。


P1040849


ボディの布使いも、素敵~。

上半身の小花は、作家様の手刺繍です。

手のひらに乗る 小さめの作品だけど、

作家さまの工夫や センスが たくさん感じられ、

いつまでも眺めていたい 愛らしい 人形です。(*'-'*)


P1040851


ツルヒメソバが咲いていた お庭から、部屋の中へ。

穴うさぎちゃん、お気に入りの場所を見つけたようです。

薔薇とリボンの可愛い 小部屋が、よくお似合いね。


P1040854


◆かわい金魚さん作 引き出しオブジェ『薔薇と毒薬』

2014年 乙女屋さん「初夏の和骨董」より お迎え



可愛いだけじゃない 「みそろぎ人形展」の人形たちは、

個性派揃いで、みんな 魂が宿っているようでした。

次回も 楽しみです。(o^∇^o)ノ


P1040840




yume_dolly at 15:29|PermalinkComments(0)

2019年07月23日

「つゆくさ」


P1040440


くるはらきみ さん作 「つゆくさ」

霧とリボン企画 ベルリオーズ没後150周年記念

くるはらきみ&影山多栄子 二人展《夏の夜》にて、お迎え。



P1040444


初夏に咲き始める ツユクサが、可憐で 愛らしい

お人形になりました。


朝 咲いて、お昼頃には しぼんでしまう 草花だけど

お人形だから、ずっと 一緒に いられて 幸せ~。



P1040437


つゆくさちゃんが座っている椅子も、ツユクサ!

なんて 素敵な 椅子~!(*゚▽゚*)

くるはらさんの発想力に いつも感動しています。


P1040450


ツユクサの花の形のボンネットと 白いドレスに

付いている パールは、朝露のよう。

水色のお靴も とっても 可愛いね~。



P1040464


ボネとペチのブルーは、作家様が染められました。

ペチコートのグラデーションが 綺麗。


露草色のオメメの この子をみていると、

ツユクサを摘んで遊んでいた 少女の頃を想い出します。

ずいぶん昔の 懐かしい記憶。。。
 


P1040453


水色にペイントされた 専用箱には、

イスに座った つゆくさちゃんの シルエットが描かれています。

箱も 三つ編みの紐も ときめく~。



P1040398


会期後、我が家へ到着して

箱から 出てきた姿も 可愛すぎるので、記念撮影。
 

ようこそ、ゆめゆめ人形館へ~。   


P1040429


そして、愛猫ゆづ からの 歓迎の儀式。


(新入りさんの匂いを かぐだけ)

お人形さんには、いたずらしない 良い子なので 安心してね。


P1040454


それから、作品の題材となった 
詩も同封されていました。

「牧歌」

詩 テオフィル・ゴーティエ

訳 玉田優花子さん


P1040458


サロンイベントのプログラムも 嬉しいな。

また いつか、あの菫色の お部屋に行けますように・・・



素敵な ご縁を ありがとうございました。(*^_^*)





yume_dolly at 10:16|PermalinkComments(2)

2019年07月03日

くるはらきみ & 影山多栄子 二人展《夏の夜》


6月22日(土) 夏至の日は、

梅雨 真っ只中の東京へ 出かけてきました。

胸を ときめかせて 向かった先は、吉祥寺。


P1040328


霧とリボン企画 ベルリオーズ没後150周年記念

くるはらきみ影山多栄子 二人展《夏の夜》

◆2019年6月22日(土)→29日(土)閉幕


ゴーティエ 詩・ベルリオーズ 作曲の歌曲集《夏の夜》をテーマに、

6篇の詩と音楽に捧げられた オマージュ。



P1040303


くるはらさんと影山さんの作品が

静かに 共鳴しあい、ただただ 美しい 至福の時。。。

どの作品も 本当に 素敵。



そして、夢のような 菫色のお部屋
から

思い焦がれた 可愛い子を お迎えできて 感激~!


会期終了後、本日 無事に ご到着 。(*゚▽゚*)

ドキドキの ご対面は、また あらためて綴りますね。



P1040397




yume_dolly at 21:35|PermalinkComments(0)

2019年05月17日

サクラウサギ ☆彡 バトンタッチ展


P1030606


 Happy New Era! 

令和元年 5月、ゆめゆめ人形館は 14歳になりました。


新時代 幕開けのお人形は、昨秋(2018年)

コルメキッサ さんの「バトンタッチ展」から お迎えした

守田明日香さん作 『サクラウサギ』ちゃんを お披露目します。



P1030609


「バトンタッチ展」とは、作家様の創作人形や 絵画などを

現オーナーから 未来のオーナーへ 託す展示会。



様々な事情で 一点物の現代アートを手放すことになった際、

昔のアンティークドールや 骨董品のように

その作品が好きな人に 引き継がれ、

いつまでも 愛されていきますように・・・

そんな願いが 込めらた 素敵な企画です。



P1030605


そのバトンタッチ展に、2003年頃?に作られた

守田さんの『サクラウサギ』ちゃんが登場し、

心臓 バクバクーーー 



守田さんのお人形が 大好きだったのに、

もう 作家活動をされていなくて

心底、残念に思い続けていました。

永遠の片想いのように。。。


それが 突然、目の前に現れちゃったのだから

恋心が 燃え上がります~~ (* ̄∇ ̄*)


P1030611


あれ?ゆめゆめ人形館に そっくりな子、いたよね?

(という 声が どこからか 聞こえるような)

はい、います~。
 (o^∇^o)ノ

コルメキッサさんが 横濱浪漫館だった時の「浪漫館蚤の市」

(2012年5月)で ご縁があった サクラウサギちゃん。

(その様子は、上のリンクをクリックしてね)


P1030620


まるで、姉妹のような サクラウサギちゃんだけど

お耳や 足の形、モヘアの色も違って、

どちらも 可愛い~~
 。


お姉さんウサギは、ボンネットの先まで  57㎝。

守田さんの一番 大きいタイプだったそうで、

抱き心地も 存在感も 凄いの。


P1030613


ゆめゆめ人形館よりも 先に生まれているのに、

今 できたての新作と思うくらい 綺麗で驚きます。

大切にされていたのですね。


前オーナー様、ご紹介くださった コルメさん、

作家様に 心から 感謝いたします。




昭和レトロや 大正浪漫の雰囲気も合わせ持つ

平成生まれの サクラウサギちゃん、

令和の時代も 一緒に 夢をみましょうね。





yume_dolly at 22:24|PermalinkComments(2)