愛・地球博(EXPO2005)

2008年05月25日

愛・地球博(シンガポール館/ラッフルズ・ホテル) 


私が1度だけ行った海外旅行、シンガポール。飛行機

(何年も前だけど汗


シンガポール館で楽しんだ画像をなくしてしまったので、

購入したもの&思い出話。。。


08d2c140.jpg


シンガポール館の入り口で、全員ビニール傘を渡されます。雨

中でシンガポールの映像を見ていると、

やがて雷雷が鳴りだし、すごい勢いで雨が降ってきます。

シンガポールのスコール体験です。譜面

あちこちで大歓声が上がり、子供たちは大はしゃぎ。


1e5fa5c0.jpg


スコールの部屋からでると、孫悟空と

アラジンにでてくるジャスミンのような美女がお出迎え。ハート


それから階段をつかった場所で、華やかなショーを楽しみました。

その階段を上がったところで、懐かしいラッフルズに再会!キラキラ


ラッフルズ・ホテルのグッズがあるばかりか、

ラッフルズの『ロング・バー』グラスも 再現されてました。


457cebbc.jpg


1987年5月 新婚旅行でシンガポールに行き、ラッフルズに滞在しました。

ラッフルズについて特に知識もなく、実際に行ってみて

本物のアンティーク・ホワイトの世界に感激したのでした。ドキドキ大


万博で購入した小雑誌を読み、私が行った1987年に

ラッフルズ・ホテルがシンガポールの国宝冠になったと知りました。


281a2038.jpg


1887年にオープンし、数々の伝説を残して

1989年に全面改装のため閉鎖。

1991年にリニューアル・オープン。日の出


そんな歴史あるホテルで改装前に滞在できたことは、

一生ものの思い出。(*^_^*)


毎年、結婚記念日がくるごとにアルバムを開きます。

(もはや別人、、)


2b9a21a9.jpg


はじめの2枚と最後のは、シンガポール館で売っていた絵葉書ですが、

私のアルバムの写真も、1枚載せてみました。

(端にいるのが、その時のワタシ。)


03f86045.jpg


この日、ラッフルズで ピアノを弾いたことも思い出のひとつ。音符

今年の記念日も、家族で 楽しく過ごせました。ケーキ






at 19:00|PermalinkComments(4)

2007年08月23日

愛・地球博(チェコ館)


朝夕は、鈴虫の鳴き声が聞こえます。音符

ひまわりもそろそろ終わりかな・・・

まだまだ暑いので、涼しくてちょっと不思議な世界へご案内。星


d5f84562.jpg


『愛・地球博』のチェコ館です。笑顔

上から水が落ちてきて、綺麗な金属音を奏でます。キラキラ

雫が水面に波紋を描いては、消え

水の揺らめきが、辺りにぼんやり映ります。。ドキドキ小


a5e94c42.jpg


ビックリなピアノびっくりその名も、ウォーターピアノ。音量

ピアノ内部から、プールの中へ絃?がのびていて

弾くとプールの中から音がなります。譜面


3f3c3895.jpg


オルガンのパイプもプールの中にあり、

音は さざ波をたてながら、水の中から響きます。


6fb9829e.jpg


楽器に湿気って厳禁ダメなのに、これっていいの?

ありえない!でもおもしろ~い。まると思いながら、

せっかくなので、簡単なチェコ民謡の曲を弾いてきました。ヒヨコ


30d54a10.jpg


チェコ館のテーマは、『命の芸術』。

『音楽とファンタジーの庭』天使と題し、

訪れる人々自身が操作する音と光による楽器が詰まった

夢を創造する空間。電球


27c5bb93.jpg


あちこちに置かれた珍しい楽器を

自由に触れることができます。OK


bcfcd5c4.jpg


石の音を楽しむ娘。 コン・カン音符と、乾いたような音。


会場内は薄暗く、光と音が幻想的月で、

この不思議空間は、とても心地よいです。ハート


5e866d0e.jpg


暑い中太陽、広い万博会場を歩き疲れた時に、

休憩がてら入ると良いパビリオンかもしれません。


足や体だけじゃなく、心もとても落ち着いて

お気に入りの外国館でした。。。ラブ







at 11:12|PermalinkComments(4)

2007年05月02日

愛・地球博 (ルーマニア館&オランダ館)


今年のゴールデン・ウィークは、お出かけ予定がないので

2005年の思い出の旅へ。。。船


e6ef8b72.jpg


ルーマニア館の上を見上げると、鏡が反射して歩いている人が映っています。

赤で『』と見えるのは、向かいのスイス館。

スイスとドイツは、いつも凄い人でとうとう入れませんでした。汗

(5時間待ちとかね、、困った


238d8681.jpg


ルーマニア館の中では、ライブ譜面が行われていました。

手拍子のリズムは、タン・タタ・ウタ・タン音符を繰り返します。


9adc4375.jpg


女の子が、ワア~~~~~~音量と奇声に近い声をだし踊ります。ダンス

歌は、どこか日本の民謡ぽさもあり

不思議なメロディーだけど、何か面白かったです。笑い


8f586c6c.jpg


何よりも、この民族衣装服がとっても可愛いです。

向かって左の男性の服が、とても好きだな。ハート矢


1626c240.jpg


ルーマニア館の中は、ほとんどステージと客席というスペースで

その客席全体が斜めに高くなっていて、

ステージを見下ろすのですが、これが大変、、落ち込み


fc85d13f.jpg


まるで、滑り台のようにツルツル滑るんです。山

イスも止まるところもないので、ライブ中にツル~~~と

滑り落ちていく人が続出!注意

『もうダメだああ~~~。』と私の横をおじさんが落ちていきました。ジェットコースタ

そんなことも楽しい思い出のひとつです。ウインク


7d947d17.jpg


ルーマニア館に飾られていたレースたっぷりの大きなお人形たち。天使

ウエディング・ドレス鐘のような感じですが、

みんなそれぞれ柄や色の違う生地を持っています。

地方とか、家によって決まっているのかな?


コマネチの次に知ったルーマニアの一部分でした。まる


099d145a.jpg


オランダといえば、チューリップ!チューリップ

オランダ館のパビリオンにも大きなチューリップが咲いています。


705fa067.jpg


夜になると、チューリップの中に灯りがともります。


5cfa4713.jpg


オランダ館に、時々あらわれるミッフィーちゃん。ウサギ

でっかい!けど、大人気です。ハート

オランダの絵本作家本、ディック・ブルーナーのイラスト、

そのままの着ぐるみです。ウサギ


オランダ館は可愛いとこだけ、ちょこっと紹介でした。ウインク




at 23:13|PermalinkComments(0)

2006年09月03日

愛・地球博 (ドミニカ館&キューバ館)


船 昨年の今頃は、世界旅行を楽しんでいました。飛行機

今年も、おもいでの旅キラキラに出発~!!


65c361af.jpg


カリブ海の楽園日の出 ドミニカ共和国。

真っ青な海と空、

女の子の表情がとっても素敵。ラブ

ドミニカ館の入り口の大きな看板です。


c30263b8.jpg


中では、メレンゲダンスというダンスのレッスンが行われていました。

メレンゲは2拍子のステップで、とても簡単です。音符

1,2,1,2 と足踏みして、そのまま進みます。

腰を少し横に振ると、ドミニカ風だそうです。笑顔


b8af1582.jpg


ステージ上で模範演技があり、

下のスペースでは、50人くらいいたでしょうか。

小さなパビリオンは、満員です。まる

説明が終わると、曲がかかり男女ペアで踊ります。ラブラブ


成り行きと勢いで、隣にいたオジサンと手をつないで

メレンゲ、踊ってしまいました~~~。ウインク



そんな楽しい思い出の国に、『ドミニカ日本人移民訴訟』が
起きていたことを、最近のニュースで知りました。

やっと政府と和解が決まったとはいえ、
永年辛い労働や悲しい思いをしたことは、
決して消えないけれど、夢を追った方々が少しでも
穏やかな気持ちで暮らせますように、と願わずにはいられません。流れ星


ea18dafa.jpg


こちらは、キューバ館。

パビリオンの中に入ると、ビックリびっくり


bafd9ecb.jpg


コロニアル様式の素敵な街並みが

再現されていました。


26e0f84c.jpg


1983年に世界遺産に認定された

ハバナ旧市街の街並みがベースになっています。

この鮮やかな青は、『ハバナ・ブルー』。魚


bc4d4e56.jpg


キューバ館では、サルサダンスの体験レッスンがありました。

ここでは体験しなかったけれど、今年サルサ、習ってみました。

1ヶ月で断念しました、、、困った

で、踊りじゃなくてスイミングにして

40分で1000メートル泳げるようになりました。泳ぐ


昨年の夏太陽は、万博通い国旗

今年の夏は、スイミング通い。

来年は、何をやっているかなあ?パンダ


まだまだ、知らない自分に逢える気がする。。。笑顔キラキラ







at 23:38|PermalinkComments(2)

2006年01月11日

愛・地球博 (ウクライナ館①)

7b1ff347.jpg


すっかり季節が変わってしまいました。太陽雪

超のろのろマイペース困った 『続・万博思い出写真館』です。


ひまわりひまわりの花と青い空太陽

白い風車が風でクルクル回るウクライナ館。


とても小さなパビリオンですが、大好きなパビリオンの1つラブ

毎回、かかさず行きました。走る


47844932.jpg


バンデューラという63本の弦をもつ民族楽器。音符

とても優しい音を奏でます。ハート

綺麗な民族衣装に身をつつみ、

すばらしい声で歌う女性。笑い


782d4a37.jpg


1日に何回か 民族バンド「コザチェンキ」の演奏が行われます。

(上の女性含む4名)

特に左はしの男性は、すごいテンションロケットで盛り上げ

お客さんも手拍子拍手で、毎回大賑わい。クラッカー音量鐘

日本国旗でもお馴染みの曲や、ザ・ピーナッツの懐かしの曲もありました。


7b839252.jpg


館内のレストラン料理で食べた本場、ボルシチ。

ボルシチのルーツは、ここ、ウクライナです。


c9c4a5ed.jpg


購入したおみやげ品のピサンカ。ヒヨコ

(複数では、ピサシキ。ヒヨコヒヨコ

ピサンカとは、ウクライナ語でイースター・エッグのこと。ウサギ

鳥や花花などが可愛くペイントされています。


イースターエッグは、キリスト教の復活祭のたまごとして

世界中で有名ですが、

元は、ウクライナが発祥のようです。ヒヨコウサギ




ウクライナ館②へつづく





at 10:24|PermalinkComments(2)